よくあるご質問|国内最安値宣言のネットフォレストVOD/最新のホテルVODシステムが安い!実質無料で導入!

よくあるご質問FAQ

VOD(ビデオ・オン・デマンド)について

Q通常のVODサービスとの機能の違いはありますか?
A

標準型のVODサービスと比べて、高画質、かつ高機能なサービスとなります。

標準型ではHD画質ですが、次世代型はFullHD画質となります。

TV共聴設備系との連携や、スマホやタブレットとのミラーリング、外部サイトとの連携などの機能も利用可能です。

また、VOD画面に動画や音声も容易に組み込むことが可能なため、高品質なサービスのご提供が可能となります。

Q災害時以外の用途でも利用することは可能ですか?
A

可能です。火災報知器の誤報のご案内や、お客様の入室前に強制起動をさせておき、ウェルカムページを表示させておくような応用した利用も可能です。

QSTBの大きさはどのぐらいですか?
A

約2×15×15(縦××奥行、単位はcm)のコンパクト設計となりますので、テレビやデスクの裏などにお客様の目につかない狭い場所にも設置が可能です。

QSTBレス方式とクラウド方式での導入は可能ですか?
A

可能です。STB関連機器とサーバ関連機器が不要となりますので、圧倒的な低コストで導入ができます。

Q通常のVODサービスとは機器構成などが変わりますか?
A

当社指定規格テレビである事が前提となりますが、ルーターなどの機器構成は変わりません。

QエマージェンシーVODシステムでは、日/英/中/韓以外の言語でも案内ができますか?
A

オリジナルの内容で画面制作が可能なため、4カ国語以外のご要望に合った言語でご案内が可能です。

※原稿はお客様にてご用意頂きます。

Q4Kテレビでの導入は可能ですか?その場合、動画コンテンツも4Kになりますか?
A

4Kテレビでの導入は可能です。しかし、映画などの動画コンテンツは2Kの画質となるため、4K画質での視聴はできません。

QクラウドVODシステムが適用できない場合はありますか?
A

PMSとの連携をする場合や、館内施設の混雑状況を表示する場合はサーバが必要となります。また、150室以上のホテル様はご利用頂けません。

QSTBの費用はどのぐらいですか?
A

STB本体の他に、リモコンの赤外線を受信するための受光部、HDMIケーブル、地上デジタル放送兼用リモコン、その他設置/設定費用の1セットで約30,000円程度です。

QSTB(セットトップボックス)とはなんですか?
A

インターネット配信されてきたコンテンツをテレビに出力できるよう変換するためのです。各テレビに一台ずつ設置する必要があります。

QSTBレスVODシステムのメリットはなんですか?
A

専用端末(STB)を不要としたテレビにLANを指すだけのシンプル構成のVODシステムとなるため、「導入コスト(約3万円/室)の削減や、「機器故障などによる運用リスクの低減」、「導入スケジュールの短縮」が実現可能です。

QクラウドVOD(ビデオ・オン・デマンド)システムとはどのようなシステムですか?
A

館内にコンテンツ配信用のサーバを設置しない構成となります。

サーバが不要になることで、UPSも不要となり、約100万円のコストダウンが可能です。

また、機器の故障や法令点検時などのメンテナンスも不要となるため、運用リスクも低減できる150室以下のホテル様向けのサービスでございます。

Q客室数が少ないのですが、導入出来るのでしょうか?
A

1室から導入が可能でございます。

QVOD(ビデオ・オン・デマンド)導入を機に、テレビも同時に導入可能ですか?
A

サイズやメーカーなど、お客様のご要望に応じたテレビを選定致します。また、メーカーから直接仕入れるため、非常に低価格でご提供が可能ございます。

Q導入の判断材料として、実際にデモをしてもらうことは可能ですか?
A

実際に見て頂いた方が、よりご理解していただけるかと思いますので、お伺いする際にデモ用VOD(ビデオ・オン・デマンド)機材を準備致します。
なお、機材の手配の関係で、ご希望の日程にデモが出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

Q修学旅行生や受験生が宿泊する時があるので、簡単に視聴制限を掛ける事は可能ですか?
A

VOD(ビデオ・オン・デマンド)導入時に管理PCを設置致します。
この管理PCから視聴制限などの操作が可能です。
例えば、フロア毎もしくは客室毎にアダルト視聴禁止、特別なお客様に対して無料視聴という設定が出来ます。

Qホテル以外にVOD(ビデオ・オン・デマンド)は提供出来ますか?
A

当社VOD(ビデオ・オン・デマンド)はホテル様からのお問い合わせが多いですが、病院様や、学習塾様などの他業種でもご利用いただけます。

Qホテルに合わせたVOD画面を表示することは可能でしょうか?
A

当社では、WEBサイト制作事業も行っているため、ホテル様のご要望に合わせたデザインや、表示内容(施設/周辺観光地案内など)などをご提案させて頂きます。
オリジナルページ作成(TOP、館内案内、サービス案内など)・・・¥50,000/1ページ

Qコンテンツの更新頻度/内容はどのようになっていますか?
A

常時配信している100~150本の10%程度を毎月更新するため、常に最新のコンテンツをご提供しております。

Qペイテレビとの違いは何でしょうか?
A

[ペイテレビ]では、契約したチャンネルごとに割り当てられた番組表の内容を放映しているため、チャンネル数分の内容しか視聴できません。
[VOD]では、配信された豊富なジャンルのコンテンツを見たい時に視聴が可能です。

Q契約年数は何年からでしょうか?
A

契約内容により異なりますが、基本的には5年間となります。

Q券売機はカードタイプのみでしょうか?
A

カードタイプの他に、レシートタイプの券売機もお選び頂けます。

Qホテルシステムとの連動は可能でしょうか?
A

フロント精算方式の導入や、リネンインジケーターとの連動など、導入実績は豊富でございます。

Q外国人観光客向けに外国語対応した画面を表示することはできるのでしょうか?
A

基本的には日本語表示が標準ですが、ご要望に合わせた外国語対応をさせていただきます。
※原稿などはお客様にてご準備願います。

Qルームシアターはなく、ウェルカムページや館内案内のみの表示は可能ですか?
A

VODはルームシアターのみではなく、ネット回線を使用して館内案内や周辺情報などを表示するコンテンツも含まれます。お客様ご要望に応じたご提案をさせていただきます。

Q全客室に緊急案内を表示することは可能ですか?
A

当社では国内初のSTBレスでの災害時アナウンスシステムエマージェンシーVODシステムをご提供しております。日本語だけではなく英語・中国語・韓国語など多言語表記にも対応致します。

Q一部のテレビのみ入れ替えたいのですが、STBレス型とSTB有り型の混在は可能ですか?
A

混在は可能です。全てのテレビが同じ型番で統一されていないお客様もいらっしゃいます。

ネットワークについて

QWi-Fiを全客室で提供したいのですが、どうような構成が良いのかかわかりません。
A

現地調査をさせていただき、ご要望を伺った上でお客様に合わせたパターンのご提案をさせていただきます。

Q客室内でのインターネット(有線、Wi-Fi問わず)提供を課金制にしたいのですが可能ですか?
A

制御する機材の導入、および設定が必要となりますが、課金制度の導入は可能です。

Q施設内のLAN設備はどういったものが良いのか分かりません。
A

通信速度「100Mbps」の環境が必要です。
VOD(ビデオ・オン・デマンド)も今後番組が高画質になっていきますので、高速な通信環境が必須条件となります。

Qセキュリティー面は安全ですか?
A

SSIDや暗号化については、お客様のご要望を伺った上で機器に設定します。
また、ワンタイムパスワードなども制御する機材が必要ですが対応可能です。

Q宴会場もあり、数100端末の大規模イベントの申込みがあるのですが、 機材の準備から宴会当日のサポート、終了後の機材撤去まで全てお任せすることは可能ですか?
A

必要な時だけ、ご提供するサービスをご用意しておりますので、ネットワークのプロが事前に調査し、最適なサービスをご提案致します。

サポートについて

QVOD(ビデオ・オン・デマンド)導入時のサポートはありますか?
A

テレビや管理PCの操作方法や、機器故障時の対応方法などをレクチャー致します。

Q導入後は、どのようなサポートがありますか?
A

VOD(ビデオ・オン・デマンド)に関するお問い合わせを24時間365日、日/英対応のコールセンターで受け付けるサービス[別途オプション]をご用意しております。
専門スタッフが事象を伺い、復旧までサポート致します。

Qコールセンターでも復旧出来ない障害などがあった場合、どのようなサポートがありますか?
A

直接現地に伺い、復旧作業をするオンサイト保守のサービス[別途オプション]となりますがご用意しております。
予備として保管出来る機器については、出来る限り保管されることをお薦め致します。

Q機器類が正常に稼働しているか確認してもらう事は可能ですか?
A

遠隔から機器の状態を確認する死活監視を実施するサービス[別途オプション]がございます。
機器の異常を検知した際に、お知らせすることも出来ます。

  • このページをfacebookでシェア 
  • このページをツイートする 
  • このページをGoogle+でシェア 

TOP